思いのつまった指輪はオーダーメイドで。

プロポーズの時にもらったのはドイツの出張の際に買った葉っぱモチーフの指輪でした。プロポーズがしたくて、指輪を買い求めたけれど、正確な私の指のサイズを知らずに行ってしまったので(結局、ピッタリのサイズだったのですが)ひとまずはこの指輪で、ちゃんとした指輪は選んで渡すからと宣言されていました。

宣言を受けて、デートの合間で百貨店などのジュエリーショップで、指のサイズを測ってもらったり婚約指輪と結婚指輪は、どんなデザインがいいかをあれこれ話しながらカタログをもらったりしていましたが、なかなか決まらずにいました。当時は兵庫県姫路市に住んでいたのでジュエリーショップを探すのにこのサイト【結婚指輪姫路市】を利用しましたよ。結婚の準備が進む中、婚約指輪は両家の顔合わせの時に、私からのお返しの品と交換する段取りを組み、私の好みをふまえたうえで主人が用意してくれることになりました。

その日、両家の両親の前で贈られた指輪は主人がオーダーメイドで作ってくれた世界で一つだけの指輪でした。真ん中が大きく両端のダイヤは小さい3つ並んだダイヤに向かってリングが徐々に細くなっていくデザインでした。正面から見た印象は少し華奢ですが、中央のダイヤの存在が際立っていて、素敵なものでした。私の気になっていた指輪の要素を取り入れて作ってくれたことが分かり、とても嬉しくって母に写真をたくさん撮ってもらいました。後日、聞いた話では何度も打ち合わせをして、こだわって作ったそうです。ダイヤのカラットや価値の評価基準など新しく知ったこともあり、面白かったそうです。

結婚指輪はお義母さんの紹介してくれたジュエリーショップの問屋さんで安くオーダーメイドで作ってもらいました。普段からずっとつけているつもりだったので、シンプルに宝石なしのプラチナにしました。私の指輪のデザインはサイドをミル打ちにして、プロポーズのときに葉っぱのモチーフの指輪をもらったことにちなんで月桂樹を彫り込んでもらいました。主人の指輪はサイドのミル打ちのみのシンプルなものにして統一感を出しました。恥ずかしながら、主人と私の指輪のサイズが同じなので内側の刻印は結婚記念日とイニシャル、そして重ねるとハートの形になるようなマークを入れてもらいました。

サイズが同じだからできることなので指輪のサイズを聞いたときは悲しくなりましたが、結果的には得した気分になりました。気さくなオーナーさんと楽しく話ながらデザイン画を描いてもらい、注文しました。できあがったものを受け取りに行った際には、指輪以外にもお菓子やタオルなどおまけをつけてくれて、アットホームな雰囲気のお店でしたが、仕上がった指輪は職人さんの高い技術が感じられるものでした。

二つで20万円はとても安いと感じられる結婚指輪になったと思います。今は二人とも結婚指輪は体の一部のようになっていますが、結婚記念日など特別な日は、はずして二つを重ねてハートの形を眺めたりしています。

30代の頃に買った喪服は50代になった今でも着ることが出来ます

私が初めての喪服を購入したのは2年前、祖父母の法事のためでした。それまでのお葬式や法事には、学生時代なら制服、社会人になってからはスーツを着て参加していました。そして2年前、結婚して初めての法事があり久しぶりに親族が集まることになりました。主人もちゃんとした喪服を持っておらず夫婦揃ってスーツというわけにはいかないだろうと、喪服の購入を決めたのです。

私たちはどこで喪服を買えばよいのかよくわからなかったため、普段主人のスーツを買っている近所の「洋服の青山」に行きました。そこには沢山の喪服が置いてありました。まずは主人の喪服を選びましたが、喪服と礼服の違いがわからず主人が気に入って手にとったのは礼服でした。そこに店員さんが声をかけてくれて、主人が手にした礼服は喪服としては使えないと説明されました。そこで主人は、できればどちらにも使えるものを買いたいと話し、薦められたものを購入しました。

次に私ですが、30才で着てもおかしくないデザインの少しフリルのついた喪服を選びましたが、店員さんから、喪服はそう何度も買い換えるものではないのであと20年は同じものを着ると考えてデザインを選んだ方がいいとアドバイスをもらいました。そこで私はフリルがついていないベーシックなデザインの喪服に変えました。

さらに年中使えるということも重要なポイントだったため、年中素材で寒い時に羽織れるボレロ付きなのが気に入りました。事前に私の両親に言われていたのは、親族が見てもおかしくないものを選ぶようにとのことでした。主人と私それぞれ約3万円の買い物となりました。

法事当日に両親に見てもらったらとてもよい喪服だと誉めてもらいました。冠婚葬祭に着る洋服は周りの人の目もあるのでしっかりしたものを選んだ方が安心です。もっと安くネットショッピングサイトで購入することもできるでしょうが、喪服は実店舗で店員さんに相談しながら買うことをおすすめします。

※ネット通販で喪服を購入したい50代女性は⇒【50代】喪服・レディースブラックフォーマルを選ぶポイントは?

脚脱毛をしたい!

私が脱毛をしたい部位1位は、脇でした。

脇はどこのエステサロンでもクリニックでも一番安いキャンペーンになってることが多いです。実際にその安さもあって人気部位でもあります。

私も脱毛するまでは自己処理の後が目立っているのが気になり、電車などで脇を上げることができずに恐る恐る生活していました。そのおかげで私も脇は脱毛を進めています。

最初はこの北九州で口コミの良い脱毛サロンをまとめたサイトで見つけた、ミュゼプラチナム小倉店で100円キャンペーンを試しました。毛は抜け、現在は自己処理はほとんど必要なくなっています。

2位は、VIOでした。私は全体の毛が濃かったので、VIOの悩みもずっと抱えていました。水着のシーズンなども自己処理していましたが、太い毛は途中で切ってしまうと痒くなってしまい、辛い思いをしました。そこでVIO脱毛をクリニックで行い、現在3回目が終わったところになります。だいぶ薄くなってきて、最近では可愛い下着の選択肢も増えました。

第3位は、脚でした。今はまだ着手できていないので現在一番脱毛をはじめたいのは脚です!なぜなら、目につきやすい上に濃い毛が生えるからです。若い頃からの自己処理がたたって、毛穴も目立つようになってしまっています。今でも夏の脚を露出する時期は2〜3日に一度の自己処理をカミソリで行なっています。脱毛すれば、その煩わしさを解消できるどころか、毛穴が目立たなくなってチクチクすることもなくなるため、本当に今すぐ始めたいと考えています!

4番目に脱毛したいのは、背中です。背中は見えない位置にあって、処理せずに過ごしてしまうことが多いのですが、改めて処理すると毛がごっそり取れてびっくりする箇所です。しかも、自己処理は手が届きにくいためカミソリ負けの後も残っていたりします。そんな背中は毛がなくなっちゃった方が楽ですよね。なので、私は背中を脱毛したいと考えています。

お手入れ不要ボディー

私は、できれば全身を脱毛したいのですが、あえてここしかできないというなら、V・I・O脱毛が一番にしたいです。その次は背中の脱毛がしたいです。

一番の理由は、やはり自分でお手入れをしにくいからというのがダントツですが、背中なんかは、夏の涼しい格好をしたときにふと、目立ってしまう場所ですよね。

気づいていても私の短い腕では全く届きません。V・I・Oも自分でやると、かなり危ない箇所です。カミソリだととても危険ですし、なんだかばい菌が入りそうで怖いんです。

それだったら、ちょっとくらい恥ずかしくても、プロの方に施術してもらうのがベターかなって思いました。本当は全身脱毛したいくらいだと先に述べましたが、自分で全身のお手入れは難しいです。やはりプロに任せるのが一番ですからね。<参考サイト:神奈川県茅ケ崎市の脱毛情報※脇や全身脱毛が安いのはどこ?

脱毛クリームやブラジリアンワックスなどいろいろ試しましたが、普通に面倒くさいです。また、毛穴も目立ちます。

私は、ワキだけ脱毛サロンで脱毛を行いましたが、施術後の毛穴はとても綺麗で、自分でもうっとりしてしまうほどでした。

この夏は、たくさん海に行く予定があるので、少しでもVラインの処理をラクにしたいと考えていますし、ビキニだと背中がとにかく目立ちます。

汚い背中、毛深い背中は絶対にビーチで見せたくありません。後は、二の腕も意外に目立つ場所で、自分で処理しにくい箇所でもあります。

太ももの裏なんかも。自分で見えにくい場所を自己処理して、傷がついたこともしばしばあります。そのたびに、あーまたやっちゃった。

と気分が落ち込み、さらに体に傷がつくので余計汚い体に見られている気がしてしまいます。

毎日、一生懸命お手入れするのは女子の義務みたいな感じかもしれませんが、疲れている日なんかは、さっさとシャワーを浴びて出たいのに、毛が見えてきたときにはガックリきちゃいます。

なのでそれを考えると、お金を多少出してでもプロに脱毛してもらうのが一番間違いないのかなぁと思いました。
膝や肘の剃りづらい場所。剃ったらガサガサして汚くなりがちですが、脱毛してもらったらきっとツルツルになると思います。

早く、ワキだけではなくて、他のところもツルツルなお手入れ不要ボディーに変えていきたいです。

デリケートゾーンの毛

私は子供のころに大人の脇毛とかデリケートゾーンの毛をよくみることがありました。それは銭湯に行っていたからでした。

その当時は家にお風呂がなかったので銭湯に行っていたんです。大人のデリケートゾーンって凄く薄い人もいれば、凄く剛毛で濃い人もいるんだなと思って不思議に感じていました。

私は中学生になって脇毛もデリケートゾーンの毛も生えていましたが、それほど剛毛ではありませんでした。そのころは痩せていましたので、デリケートゾーンのムダ毛もそれほど気にしていませんでした。そのころは脇毛だけを自分でカミソリで剃って脱毛していました。

OLになってから同期の仲間と海にいく約束をしてから、デリケートゾーンの脱毛を少しやったのが初めてのデリケートゾーンの脱毛でした。
そのころはビキニを来るので、脱毛が必要だったのです。

でも40代になったから海に行くこともなくなって、唯一彼と会うことが楽しい時間になりました。でも最近太ってきたせか彼に「デリケートゾーンの毛が濃くなったな」と言われてしまったんです。その言葉はショックでした。

私はデリケートゾーンのムダ毛を全部脱毛したいと思っています。
なくてもあまり困らないと思うのです。